Fotolia_49859549_XS.jpg

ドクダミエキスを含んだ十黒梅
【お試し・小瓶十黒梅300】

2014年07月26日

薄毛を治すトータル健康法

ハゲを治すためにプロペシアを飲む「医療的な育毛法」があります。

一方、ハゲ体質をいくつかの栄養素によって改善する「漢方育毛療法」があります。

私は漢方の育毛法を実行してきました。

で、結果には満足しています。

プロペシアも5年間くらい飲んだのですが、副作用があり、平成25年8月にやめました。

プロペシアを飲んでいる間も人間ドックでは「異常なし」という健康診断結果でした。

ところが・・・・。

ところが精子の数がグングン減っている気がして、やめたのです。


やめると数か月で精子の数は戻ったという気がしています。


さて、

漢方的なアプローチでは「ハゲ体質」「薄毛体質」というものを改善していきます。

すなはち、髪の生える体質へと変換させるわけです。

コラーゲン育毛に比べると、時間はかかりますが、毎日、ドクダミ、ごま、レシチンをとることで、気が付けばあなたの髪の毛はグーンとボリュームアップしていることでしょうね。

ドクダミを含む野草酵素がいいです。

野草酵素|酵素八十八選


身体そのものが野草を必要としています。
posted by 育毛できる at 07:04| Comment(0) | ドクダミ、ごま、レシチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

ドクダミとごまとレシチンで髪の毛が増える

育毛成分というものがあります

多くの育毛書籍では

「バランスのよい食べ物が育毛には重要」

と言っています。

これは間違いではありません。

髪の毛は身体の一部なので、身体が健康でないと、思うような育毛・発毛ができないのです。

ですが、

髪の毛のために良い食べ物、

反対に、

髪の毛のために悪い食べ物

というのは現実にあるわけで、髪の毛を増やしたいのなら、バランスのとれた食事だけでは、

成果が出にくい。

やはり「育毛成分」とでもいうべきものを摂取しないといけないわけですよ。


昔から、漢方の世界では、「症状と食事」については研究され続けてきたのです。

「熱があるときには、こういう食べ物を食べるべし」

「腹が痛いときには、こういう食べ物を食べるべし」

というのが大昔から記録されているわけですよ。

経験則なのですよ。

さて、

育毛においても、

「こういう食べ物を食べたらハゲてしまった」

とか、

「こういうものを摂取していたら、髪の毛が生えてきた」

という経験が記録されているのです。

これが人類の強みですよ。

記録。

育毛に励みたい人が、白紙状態で、いろんなものを食べて、育毛の成果を目指すのは非効率的ですよ。


やはり、

「これを摂取したら髪の毛が増えた、生えた」
という事例をもとに、育毛実践をしたら成功確率が高い。

私の体験ではドクダミエキスは髪の毛を増やすには良い成分です。

多くの人が残した薄毛対策において「成果の出た記録」としても、信頼性が高く、また、

私自身が髪の毛ボリュームアップを体験できたのが、

ドクダミ、ごま、レシチン

による発毛法なのです。

\若々しい毎日に!/セサミン高含有黒ゴマ使用。小林製薬≪セサミンGOLD≫


単純明快な薄毛対策方法です。

ドクダミ、ごま、レシチンを摂取するのです。

空腹時などがよいでしょう。
posted by 育毛できる at 10:40| Comment(0) | ドクダミ、ごま、レシチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。