Fotolia_49859549_XS.jpg

ドクダミエキスを含んだ十黒梅
【お試し・小瓶十黒梅300】

2013年09月27日

薄毛対策に最強の薬草ドクダミ

薄毛対策にドクダミを活用する人の育毛成功事例も、ネット上で時々見かけますが、数はまだ多くないです。

育毛の主流は育毛剤なのです。

その次には育毛シャンプー。

育毛剤、育毛シャンプー、そしてフィナステリドなどは多くの広告、CMがマスコミを通じて流されています。

有名人を起用した宣伝で、多くの人の関心を集めます。

私は体験的に、育毛剤はそれほど大きな育毛効果はないと感じています。

まったくの無駄というわけではないですが・・・・。

私が無念に思うのは、育毛剤よりも、もっと、はるかに効果の高い育毛法であるドクダミ育毛を広く知らせないといけないということですよ。

ドクダミ酒の販売などには大手企業は参入しません。

「うまみがない」のでしょう。

市場が小さいと思っているのかな?

大手企業がドクダミ育毛に参入しないので、多くの薄毛に悩む人がドクダミ育毛についての情報を手に入れることができない状況です。


なので、私は、このブログで本当に効果の出る薄毛対策を解説していこうと思のですよ。

ドクダミ育毛法について、今回は「最強の薬草 ドクダミ」という本を見ていきましょう。

003.JPG

この本では116ページから119ページまでドクダミのもつ育毛効果について解説しています。

タイトルは、

「若ハゲを予防して髪黒々!」

というものです。

著者は、ハゲの要因として、

精神の不安
自律神経失調症
内分泌線の機能不全
フケ症
遺伝
便秘ストレス

をあげています。

そしてドクダミはこれらの症状を改善するので、ハゲが防げるというのです。

とくに若ハゲに関しては、私も同意見です。

では若ハゲ対策に関する部分を引用しましょう。

引用ここから〜

薬局・薬店などで、さまざまな育毛剤が売られているようです。

もちろん髪にとってよい効果があるわけですが、若ハゲの場合は外側からばかりでなく、内側からも髪を刺激する必要があるといえるでしょう。

ドクダミを内用すると、毛細血管が強化され血液循環もよくなります。

それは当然頭皮に対しても作用し、毛乳頭・毛母細胞の活動を活発化させることができるのです。

発毛や育毛に必要な栄養も十分にいきわたり、毛根もしっかりして、抜け落ちるようなことはありません。」


(中略)

「体の内側からの条件を整えた上で、外部からの刺激や栄養を与えるのが、若ハゲ予防・改善のコツなのです」

〜引用ここまで

私も薄毛対策、ハゲ対策はまずは体の中からの作用が重要と、体験的に思っています。

漢方では腎臓の機能と髪の毛が密接な関係にあると考えます。

ドクダミは腎臓を健やかにする力があるので、そのことも薄毛対策に効いた要因だと思うのです。

ドクダミの濃いエキスを十黒梅という飲み物で摂取しましょう。


関心のある方は、一度、飲んでみてください。


追伸

ドクダミ成分の入った野草酵素が、育毛に役立ちます。

野草酵素|酵素八十八選


ドクダミ、ごま、レシチンで、いつの間にか髪の毛が生える体質に変化していくのです。


発毛には、口にするものは、極めて重要ですね。
posted by 育毛できる at 20:21| Comment(0) | 最強の薬草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。