Fotolia_49859549_XS.jpg

ドクダミエキスを含んだ十黒梅
【お試し・小瓶十黒梅300】

2014年08月01日

育毛にも、バーバラ寺岡がすすめるびくりトータル健康法

薄毛にドクダミが効くのはこの本を読む前から知っていました。


それは妻がニキビ治療のためにドクダミ茶を短大時代に飲んでいたという話を聞いたことからです。

「短大時代に、ニキビがひどく、ドクダミ茶を飲んでいた。ポットに入れて、昼休みにも飲んでいた。とてもまずいけれど、ニキビは治ったし、美肌効果はすごかった。とくに色白の肌に短期間でなったのは、ホントにびっくりした」(私の妻 談)

とのことなのです。

バーバラの「びっくりトータル健康法」を読んだのは31歳、結婚当時のころだったのです。

005.JPG

育毛について当時、すでに研究していたので(当時31歳くらい。ちなみに薄毛遺伝子は24歳で活発化し、今は51歳です)、肌に良いことは髪の毛にも良いという大原則を知っていたのです。

そこでドクダミ茶を私も時々飲んでいました。

24歳から、高橋由美子先生の漢方療法で育毛を行い、25歳のころにはすでにハゲからの生還は果たしていました。

ただし、このドクダミ茶も、漢方の見地からも「なかなか育毛にはよいものだ」と考えてスーパーに売っていたドクダミ茶を週に2〜3回飲んでいたのです。

このバーバラ寺岡の「トータル健康法」を読んだときには、

「ああ、なかなかよい育毛法が見つかった」

と少し感動しましたが、平成20年の夏までは、たまにドクダミ茶を飲むだけだったのですよ。

じつにもったいない話です。

なぜ、ドクダミ酒、レシチン、ゴマ、の3つの効果を知りつつドクダミ酒を飲まなかったのか。

一つは、漢方の育毛に良い酒を飲んでいたから。

もう一つの理由は、近所の酒屋にも「ドクダミワイン」は販売されていなかったから。

ネット販売も一般的ではなく、ドクダミ酒、ドクダミワインを購入できなかったのです。

今はインターネットでどくだみ酒が容易に手に入るのは、育毛にとってありがたいことです。

さて、このバーバラ寺岡の書籍ですが、この本の趣旨は明快。


「ドクダミ、ゴマ、大豆レシチンという3つの食品を効果的に摂取しよう。髪の毛も生えてくる」

ということなのです。

この本の中で、バーバラ寺岡はドクダミ、ゴマに加えて、レシチンをご飯にふりかけて食べていたら、

「レシチンご飯で額に髪が生えてきた!」(同著31ページ)

ということです。



この本の趣旨はドクダミ、ごま、レシチンで身体の根本をよくしようというこことなのです。

平成20年の夏にネットサーフィンしているときに「十黒梅」というドクダミ酒のことを知り、さっそく飲んでみたのですが、ドクダミのエキスが濃く、髪の毛のコンディションも一段と改善されたのです。

それ以後はドクダミ茶はあまり飲まずに、濃度の濃いドクダミ酒「十黒梅」を飲んでいます。


今の日本にはさまざまな育毛法があります。

とくに育毛剤の商品は、その宣伝力もあって、多くの人が、まずは育毛剤から薄毛対策にとりかかる現状のようです。

私は、このバーバラ寺岡のトータル健康法は、単純明快で、かつ効果の見えるのが早いので、一度は試してほしい育毛法なのです。

育毛剤や育毛シャンプーよりもはるかに成功率の高い、また再現性の高い薄毛対策なのですよ。

ちなみに、私が選んだドクダミエキスは「十黒梅というどくだみエキスそして、やや値段が張りますができればドクダミの入った野草の酵素を飲みたいのです。

野草がたっぷりはいった、天然野草酵素飲料!


関心のある方は、一度、飲んでみてください。

ドクダミ、ごま、レシチンで髪の毛が生える体質になるのです。

011.JPG

ドクダミ酒と黒ゴマせんべい。

スーパーで黒ゴマせんべいを買って、ドクダミ酒と食べると育毛効果が高まります。
「ドクダミ酒で薄毛体質を改善するレポート」
posted by 育毛できる at 21:54| Comment(0) | びっくりトータル健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。